MENU

OUR BUSINESSビジネスモデル

安定的な収入と成長を支える
サブスクリプション型
ストック収益モデル

ベネフィット・ワンの強みは、安定した収益を生み出す、
日本初のサブスクリプション型(定額課金制)ストック収益モデル。
「サービスの流通創造」をビジョンとし、
企業への福利厚生アウトソーシングサービスの提供を足掛かりに、
サービスの比較検討、購入ができる仕組みづくりを実現。
その最大の特徴は、サービス提供企業からの広告費に頼らず、ユーザー課金型とすること。
良いものをより安くより便利に利用できる「真のサービス」を提供することにこだわり、
ユーザー、サービス提供企業双方にとって最適なマッチングを可能としています。

ベネフィット・ワンを取り巻く市場規模は無限大

「サービスの流通創造」を実現していくなか、
企業とのネットワークを活かし「インセンティブポイント」や「ヘルスケア」など
BtoBのさまざまなサービスを生み出し、企業のあらゆる課題を解決。
そこから培った人事データを核としたビッグデータビジネスも展開。
就業人口の減少や同一労働、同一賃金などを背景に「働き方改革」が求められる現代では、
BtoB事業においても、ベネフィット・ワンには追い風が吹いています。
BtoC、BtoB双方のサービス分野を成長の柱に据え、
ベネフィット・ワンのビジネスは更なる拡がりをみせています。