MENU

RECRUIT INFO採用情報

MESSAGE 人事部長メッセージ

執行役員 人事部長
門野靖弘

どうせ生きるなら、
悩んでないでやりたいことをやればいい。

皆さんはどんな会社でどんな仕事をしたいと考えますか。
私の場合は、信頼できる仲間と共に喜びも苦労も共有し、
仕事を通して会社も個人も成長していきたい。
そしてどうせ働くなら新しい価値を創り出し、世の中を
大きく変えていける会社で働きたい、という想いを持ってます。

創業以来、お客様にも恵まれ会社も成長を続けていますが、
ベネフィット・ワンの挑戦に終わりはありません。
『サービスの流通創造』という大きなビジョンを成し遂げるためには、
熱い想いを持った新たな仲間の力が必要です。

当社には、年齢にかかわらず挑戦できる企業文化があり、
自分の能力を最大限に引き出せる幅広い事業フィールドがあり、信頼できる仲間がいます。
この大きなステージで、ぜひ私たちと一緒に社会人生活をスタートしませんか。
皆さんのチャレンジを待ってます。

CHARACTER求める人物像

素直さ・前向きさ・チャレンジスピリットを持って
果敢に挑戦できる人を求めます。

ベネフィット・ワンのプロ意識の
礎となる4つの「P」

「サービスの流通創造」という誰もなし得ていないビジョンの実現に向け、
会社の成長スピードをさらに上げていく必要があります。

そのために、社員が担う使命は、
「事業を一気に拡大するための戦略や仕組み」を考え、創ること、
そして、それをマネジメントすることです。
つまり、ビジネスの全体像を把握し、実現に必要な要素を0から創り上げる面白さが
ベネフィット・ワンにはあります。

「0から何かを生み出したい」
「自ら環境の変化を創り出したい」
「ビジネスを自分で動かしていきたい」
そんな想いを持っている方の挑戦をお待ちしております。

ベネフィット・ワンのプロ意識の
礎となる4つの「P」

PURE

素直な心で豊かな
感性・想像力を
発揮します

read more

“素直さ”は個人としても組織としても、良いサービスを創造し、成長・進化していくには重要な資質。完璧な人間はいない。自分の欠点を認めて変えられる、それが“素直さ”であり、成長に繋がる。

PASSION

志高く、
情熱を持って
仕事に取り組みます

read more

ベネフィット・ワンの目指している「サービスの流通創造」は、世の中の構造を変化させる全く新しい発想。新しいことを社会へ広め根付かせるには、困難に挑戦し続ける強い“情熱”が必要。

POWER

強い想いと行動力で
パワフルに全社一丸
で推進します

read more

想いがなければ何も始まらないが、考えや想いは、表現し行動を起こしてはじめて“力”になる。
一人ひとりの想いや行動が集まり、集団となって大きな“パワー”を発揮できる。

POSITIVE

いつも前向きに
建設的な発想で
現状を打破します

read more

物事は全て、考え方・捉え方次第で変わる。
ベネフィット・ワンの目指す新しい事業には、
常に“前向き”に捉え、挑戦していく気持ちが大事。

4つの「P」の集大成

PROFESSIONAL

強い使命感と責任感を持ち、
何事にも誇りを持って挑戦し続けよう。

オリジナル制度

社内ベンチャー制度
優れたアイデアの実現をバックアップします

新規事業の創出や、チャレンジする風土の醸成を意図してつくられた制度です。 年に1回、全社員が新規ビジネスや業務改善に関する案を経営陣に直接プレゼンテーションできる機会を設け、優れたアイデアについては事業化にむけてのバックアップをしています。当社では、社員一人ひとりが主役となってチャレンジしてもらいたいと考えており、入社1年目から参加することができます。

ベネフィット・ワンは社長の白石がパソナグループの社内ベンチャー制度第1号として立ち上げました。
インセンティブ事業も社内ベンチャー制度からうまれたビジネスです。

ジュニアボード制度
社長と共に経営課題へ取り組みます

毎年1年を任期に、選抜された社員が社長直轄で様々な経営課題に取り組み、トップとの意見交換や情報共有を行うと同時に具体的なプロジェクトを推進していく制度です。この制度を利用して、社員の「発想力」「判断力」「経営感覚」の養成を目指します。

オープンポジション制度
公募されたポジションにチャレンジできる制度

海外展開や国内での新規事業からプロジェクトまで、あらゆる社内のポジションについて社内に公募をします。募集にあたり経験年次の条件をつけることはほとんどなく、挑戦したいと思う人に平等に応募する権利を与えています。ポジションに就けるかどうかは本人次第ですが、主体的にチャレンジできる環境を提供しています。
この制度により、シンガポール拠点の立ち上げには当時入社3年目の女性社員、ドイツ拠点の立ち上げには新入社員の男性が選ばれました。