コラム

人材

共済会の設立のススメ(連載3)
設立形態で異なる共済会税制

共済会の団体性は、人格の有無によって分類できます。一般社団法人または一般財団法人として人格を持つものと...

可児俊信
千葉商科大学会計大学院 教授
(株)ベネフィット・ワン ヒューマンキャピタル研究所 所長

続きを読む

人材

仕事と介護の両立に不安を感じている方々の共通点とアドバイス

ケアマネジャーに今抱えている課題や不安に思っていることをケアマネジャーにできるだけ率直に伝えてください。介護される側のご両親と...

継枝 綾子
株式会社パソナライフケア

続きを読む

人材

マネージャーがやらなければならないことで
成果の出ないマネージャーが行っていない3つのこと

あなたの会社の全てのマネージャーがキチンとマネジメントを行っているかどうか把握できていますか?一体、何名のマネージャーがマネジメントを理解して実践しているので...

寺嶋一郎
(株)ベネフィット・ワン
ヒューマンキャピタル研究所 コンサルティング部長

続きを読む

人材

共済会の設立のススメ(連載2)
事業内容と会費、加入者範囲

共済会事業は、慶弔給付や貸付といった相互扶助事業と補助や割引による自助支援事業で成り立っています。慶弔給付は相互扶助の原点であり、会員の慶事・弔事を事由とする金品...

可児俊信
千葉商科大学会計大学院 教授
(株)ベネフィット・ワン ヒューマンキャピタル研究所 所長

続きを読む

人材

共済会の設立のススメ(連載1)
共済会設立のメリットと手順

多くの企業や官公庁の職域には共済会があり、福利厚生の一翼を担っています。名称は、共済会の他、互助会、職員互助会、厚生会、社員会、福祉会等さまざまです。共済会とは、...

可児俊信
千葉商科大学会計大学院 教授
(株)ベネフィット・ワン ヒューマンキャピタル研究所 所長

続きを読む

人材

カフェテリアプランの制度設計と導入事例(連載3)
第三回 カフェテリアプランのメニュー設計

前回コラムでは、カフェテリアプラン導入原資の調達事例について紹介しました。今回コラムでは、カフェテリアプラン導入におけるメニューの採用等において重視すべき点や...

可児俊信
千葉商科大学会計大学院 教授
(株)ベネフィット・ワン ヒューマンキャピタル研究所 所長

続きを読む

人材

カフェテリアプランの制度設計と導入事例(連載2)
第二回 カフェテリアプラン導入原資の調達

カフェテリアプラン導入に必要な原資 原資調達額は、カフェテリアプラン制度に必要な費用額によります。導入後にかかるランニング費用は、 ...

可児俊信
千葉商科大学会計大学院 教授
(株)ベネフィット・ワン ヒューマンキャピタル研究所 所長

続きを読む

人材

カフェテリアプランの制度設計と導入事例(連載1)
第一回 カフェテリアプランの動向と導入目的

カフェテリアプランは、2000年代前半に急速に導入が進み、その後導入速度はいったん鈍化しました。2013年からは製造業、輸出産業等が業績回復により、 ...

可児俊信
千葉商科大学会計大学院 教授
(株)ベネフィット・ワン ヒューマンキャピタル研究所 所長

続きを読む

人材

高い教育費用を支払わなくても新入社員の育成はできる!

入社から6ヶ月が過ぎ、新入社員の定着レベルはどうでしょうか?6ヶ月の間で退職してしまった新入社員は残念ですがミスマッチと考えて、残っている新入社員を育成していく時期になります。 ...

続きを読む

人材

女性活躍推進はなぜうまくいかないのか?

女性活躍推進や仕事と育児の両立促進を目的として、企業では様々な制度や施策が設けられるようになり、近年では出産後も働く女性が年々増加しています。 ...

株式会社ポピンズ

続きを読む

人事労務

昇給せずに給与の手取り額を増額した事例

福利厚生や企業年金は、税制および社会保険上、給与・賞与・手当に比べて優遇されています。それらの一部を福利厚生費や企業年金の掛金に振り替えることで、結果的に所得税等や社会保険料等が抑えられ、手取り額の増額が図られた事例があります。 ...

可児俊信
千葉商科大学会計大学院 教授
(株)ベネフィット・ワン ヒューマンキャピタル研究所 所長

続きを読む

人事労務

社員もコスト負担する福利厚生 ~共済会の活用~

福利厚生の充実を図る際にネックとなるのが福利厚生原資の調達です。既存の福利厚生制度をスクラップ&ビルドすることによる予算の振替または 新規予算で調達することが多いのですが、社員も福利厚生コストを負担することで会社負担が軽減できる ...

可児俊信
千葉商科大学会計大学院 教授
(株)ベネフィット・ワン ヒューマンキャピタル研究所 所長

続きを読む

人材

介護離職を防止するために(後編)

前回は、介護離職予備軍が増加してきていることと、現行の介護休業制度についてご説明しました。今回は、介護休業制度に関する法律改正の概要や、 改正後の制度が有効に活用されるためにどのようなことに留意することが必要かについて説明いたします。 ...

田平浩二
(株)ベネフィット・ワン
ヒューマンキャピタル研究所 主席研究員

続きを読む

人材

介護離職を防止するために(前編)

我が国は、世界に類を見ないほど急速に高齢化が進展しています。1990年には約10%であった高齢化率(65歳以上人口割合)は現在約25%となっており、 2060年には40%代前半になると推計されています。一方で、生産年齢人口比率(15~64歳人口割合)は、 ...

田平浩二
(株)ベネフィット・ワン
ヒューマンキャピタル研究所 主席研究員

続きを読む

人事労務

リタイアメントプランを支援する個人型確定拠出年金

8月号にて、従業員を支援する福利厚生として「ライフプラン支援」が重要視されてくるとしましたが、2017年1月から象徴的な法改正が施行されます。 それは、確定拠出年金法改正に伴う個人型の確定拠出年金(個人型年金といいます)の加入対象資格者範囲の ...

可児俊信
千葉商科大学会計大学院 教授
(株)ベネフィット・ワン ヒューマンキャピタル研究所 所長

続きを読む

人材

福利の施策で定着率のアップは期待できるのか?

前回のコラムでは、新入社員の離職を防止するためには、「新入社員が定着したいと思えるよう組織として受け入れてあげることが大切」ということをお伝えしました。 そのためには組織として受け入れてあげていることをどう伝えていくのかが大切になります。口頭で伝えるのでしょうか、文書で伝える ...

寺嶋一郎
(株)ベネフィット・ワン
ヒューマンキャピタル研究所 コンサルティング部長

続きを読む

人事労務

福利厚生のトレンドの変化

近年の社会・経済環境の変化によって福利厚生も変化している。具体的には、福利厚生の実施目的の変化、重視される福利厚生分野の変化、そして福利厚生提供手法の変化である。1990年以降の日本の社会・経済と福利厚生の動きである。90年からのバブル崩壊が始まり、97年から景気は一段と後退し...

可児俊信
千葉商科大学会計大学院 教授
(株)ベネフィット・ワン ヒューマンキャピタル研究所 所長

続きを読む

法改正

「女性の活躍推進」はなぜ必要か?

安倍総理が進めるアベノミクスにおいて様々な政策がすすめられていますが、いわゆる「三本の矢」の一つである成長戦略の柱の一つとして「女性の活躍推進」が挙げられています。女性の就業率や指導的地位に占める女性の割合の向上を目標として掲げ、待機児童の解消などに取り組むこととしてい...

田平浩二
(株)ベネフィット・ワン
ヒューマンキャピタル研究所 主席研究員

続きを読む

人材

「新入社員の離職を防止するには押える視点がある」

新入社員が会社の中で本格的に仕事をスタートしています。会社は新入社員を採用して一人前にするために時間と費用を掛けています。金額的に見ると、採用フェーズで一人採用するために約55万円(「2014年卒マイナビ企業新卒内定状況調査」より)、育成フェーズでは一人当た...

寺嶋一郎
(株)ベネフィット・ワン
ヒューマンキャピタル研究所 コンサルティング部長

続きを読む