まずはログイン。

ログインID

※会員ID or メールアドレスID or MyKEY

パスワード

※大文字・小文字を正しくご入力ください

次回からIDの入力を省略

ログイン

まずはiDeCoのメリットを体験(無料)

節税しながら将来に備える個人型確定拠出年金(iDeCo)
どこよりもカンタンなMYDCで!

2017年1月から、公務員・専業主婦(夫)を含む全ての方がご利用可能になりました

毎日のメリット

iDeCoとは

iDeCoのメリット

ふつうに預金するよりお得”

メリット1

毎年、所得税と住民税が軽くなる

毎年、積み立てた金額が所得控除に。だから所得税と住民税が軽減。
課税所得が300万円の会社員なら年間で最大約5.5万円お得に。

メリット2

利息や運用益から税金が引かれない

金融商品の利息や運用益に税金がかかりません。
仮に毎月1万円を30年間積み立てて、利回り3%の時、
課税された場合と比べると約44万円お得に。

メリット3

貯めた資産を受け取る時の税金も軽くなる

一括受取でも分割受取でも、大きな控除が受けられます。
例えば30年間加入し、一括で受け取る場合、1,500万円まで非課税です。

ご注意点

・原則60歳まで資産を引き出すことはできません。
・口座管理手数料や信託報酬など各種手数料がかかります。
・投資信託での運用の場合、運用結果によって積立元本を下回る場合があります。
・50歳超の加入の場合、60歳から受け取れない場合があります。

ベネフィット・ステーション会員なら更にお得!

毎月毎月ベネポプレゼント!

会員特典

・対象者の方に毎月20ベネポをプレゼント!

対象者

・MYDCのiDeCo加入者 且つ ベネフィット・ステーション会員 である方。
(MYDCを通じて個人型確定拠出年金(iDeCo)へご加入いただき、且つベネフィット・ステーション会員ID(以下「会員ID」)をご連携いただくことが必要です。)

会員ID連携方法

・ベネフィット・ステーションにログインした状態からMYDCの加入手続きを行なった場合は、原則として(*)、会員IDを自動的にMYDCに連携いたします。
(*)システム上、何らかの要因で会員IDが自動的に連携されない場合がありますので、下記「確認方法」により、会員IDの連携状況を必ずご確認ください。

・既にMYDCに加入されている方、もしくはMYDC加入後新たにベネフィット・ステーション会員となられた方は、MYDCサイト(http://app.mydc.life/login)にログインいただき、「パートナーポイントプログラム」ページより(*)会員IDの連携を行なってください。
(*)MYDCへのログイン、及び「パートナーポイントプログラム」ページの参照は、MYDCを通じてiDeCoへの加入が完了している必要があります。

・登録されている会員IDを確認したい場合や、会員IDが変更となった場合等につきましては、MYDCお問い合わせフォーム(https://mydc.life/contact/)よりご連絡下さい。

会員ID連携状況の確認方法

・MYDCサイト(http://app.mydc.life/login)にログインいただき、「パートナーポイントプログラム」ページをご参照(*)ください。
(*)MYDCへのログイン、及び「パートナーポイントプログラム」ページの参照は、MYDCを通じてiDeCoへの加入が完了している必要があります。

ポイント付与時期

・MYDCを通じてiDeCoへの加入が完了(*)した翌月から、毎月16日を目途にベネポを付与します。
(*)ご自宅に「個人型年金加入確認通知書」が到着いたします。

ご注意事項

・毎月月初3営業日までに会員IDの連携状況を確認いたします。この時点で、MYDCのiDeCoの加入者でない場合や、会員IDの連携が有効でない場合はポイント付与の対象外となります。

・ご契約内容により、法人(団体)に配布されている1つの会員IDを共同で利用されている場合は、ベネポ付与の対象外となります。

iDeCoをはじめるならMYDCで

メリット1

カンタン申し込み

フォームに入力するだけで必要書類を自動作成。
手書きにサヨナラできます。

メリット2

カンタン商品選びpowered by THEO

ロボアドバイザーが商品選びをサポート。
安定した資産形成を自分の年金で。

ロボアドバイザーとは?

ロボアドバイザーとは機械が人間に代わり資産運用を行うサービスです。
従来は金融のプロフェッショナル人材が提供してきたサービスを機械に代替することで、低コストで高度な金融サービスの提供が可能になりました。

THEOとは?

THEO *1 は、資産運用研究の第一人者、京都大学大学院 加藤康之教授の監修で開発されたロボアドバイザー。一人ひとりにあった分散投資のプランを提案し、自動で運用します。すでに16万人以上 *2 の方がTHEOを体験しています。

 

*1 THEOはMYDC出資企業「鰍ィ金のデザイン」が提供するサービスです
*2 2016年11月現在

ロボが3つの投資信託の組み合わせ方をサポート、
世界の約1万銘柄に分散投資

各ファンドの投資対象母集団

3本の投資信託を通じて、86か国・62通貨・11,000銘柄以上のETFに分散投資

運用商品について

分かりやすく選びやすいをコンセプトに、投資信託3本と元本保証型商品1本を採用しています。

投資信託

専門家に株式や債券などへの投資を任せる金融商品です。
何に投資をするかは投資信託ごとに異なり、投資から得られる利益も異なります。

THEOグロース・ファンド
(世界の株式中心)
株式を中心とするETFへ投資することで、世界各国の企業の成長性を通して世界の経済成長に沿った収益の獲得を目指す商品設計となっています。バリュー(PBR)や価格モメンタム(時価の動向)といったリスクファクターを考慮のうえ、配分が決定されます。
THEOインカム・ファンド
(世界の債券中心)
債券を中心とするETFへ投資することで、イールド(裏づけ資産からの利金等)を重視し、世界各国の金利水準を享受し、安定的なリターンを目指す商品設計となっています。 国債・社債などの債券や一部先進国や新興国のハイイールド債などが投資対象です。
THEOリアル・アセット・ファンド
(世界の実物資産中心)
世界の実物資産を中心とするETFへ投資することで、物価指数を考慮し、資産価値(購買力)の保全を目指す商品設計となっています。 不動産・インフラ・エネルギー・農産物・貴金属・工業用金属・インフレ連動債等が投資対象です。

元本保証型商品

原則、預けたお金を下回らないように保証された運用商品です。
運用期間が短くなった時や安定的に運用したい時に活用できます。

定期預金(5年) 5年満期の自動継続定期預金です。中途解約時には預入期間に応じて中途解約利率が適用されます。

手数料

MYDCは費用をわかりやすく、透明なものにすることを心がけています。
手数料は大きく分けて「口座管理手数料」と「信託報酬」があります。

口座管理手数料には初回のみと毎月かかる手数料があります。

手数料
2.月額手数料(税込)の内訳
MYDC 利用手数料

291円/月

国民年金基金連合会 事務手数料

103円/月

信託銀行 事務手数料

64円/月

※他に、他社に資産を移す際、還付金を受取る際、給付の際等に手数料がかかります。
※ MYDC利用手数料には、記録関連運営管理機関である損保ジャパン日本興亜DC証券の利用料を含みます。
※ 運用のみで積立をしない場合、月額手数料の国民年金基金連合会事務手数料はかかりません。(毎月355円)

信託報酬はどの商品も一律0.432%
商品体系がシンプルで選びやすいのが特徴です。

信託報酬とは、投資信託を管理・運用するための手数料のことです。

今ある備えで本当に十分ですか?

現在、60歳以上の夫婦の平均的な生活費は毎月約27.6万円。
対して、60歳以降の主な収入源となる国の年金の平均受取額は夫婦合わせて毎月19.5万円で、その差はマイナス約8万円。
少子高齢化、人口減少の日本で、国の年金の目減りが避けられないなか、大きな節税メリットを受けながら自分自身で将来への積み立てができる制度、それが個人型確定拠出年金です。

お金の不安を減らし、人生をより豊かにできる、これからの時代に必要な年金制度です。

出典:総務省統計局「家計調査年報(家計収支編)平成27年 家計の概況」

本サイトに記載された確定拠出年金は、株式会社MYDCが運営管理しております。
株式会社ベネフィット・ワンは、当該記載及び当該確定拠出年金の運営管理について何らの責任を負うものではありません。