まずはログイン。

ログインID

※会員ID or メールアドレスID or MyKEY

パスワード

※大文字・小文字を正しくご入力ください

次回からIDの入力を省略

ログイン

この春はひがしみの観光へ!多治見、モザイクタイルミュージアムを楽しむ小旅行♪

岐阜県の東部に位置する「ひがしみの」は、知られざる魅力たっぷりのエリア。 雄大な自然がおりなす絶景と、それを一望できる温泉宿があり、心も体もほっこり癒されます。 そのほかにも、1300年の歴史をもつ美濃焼の作陶体験や、江戸時代に宿場町・城下町として栄えた趣ある町並み散策、人々に親しまれ続ける酒蔵めぐりなど、楽しみ方は多彩です。
平成30年度前期連続テレビ小説「半分、青い。」の舞台にもなり、今後さらなる注目を集める「ひがしみの」。これらの魅力を体感しながらゆったりした時間を過ごしてみませんか。
今回は、そんなひがしみのエリアの一つ、多治見へ!やきものの町として有名な多治見には、インスタ映え抜群の観光スポットや、話題のB級グルメがあるようで・・・

不思議でかわいらしい外観がSNSで話題に!「モザイクタイルミュージアム」

山?おうち?目の前に現れた光景にびっくり!今回尋ねた、モザイクタイルミュージアムは、このインパクト抜群な外観がSNSで話題を集めています。設計を手掛けたのは、日本を代表する建築家、藤森照信氏。丸い山の形は、タイルの原料を掘り出す粘土山をモチーフにしているそうです。

絵本の中に入り込んだような小道を下っていくと、建物の入り口が。

童話に出てきそうなかわいらしい道と入り口

遠くから模様のように見えたのは、壁に埋め込まれた陶器のかけらでした。一つ一つ柄が違うので、見ていて飽きません。

陶器が生みこまれた壁

中にはキャラクター付きお茶碗のかけらも

色とりどりの美しいタイルアートがいっぱい!

モザイクタイルミュージアムは、全国一の生産量を誇るモザイクタイルの町、多治見市笠原町に、2016年に開館しました。館内には、多種多様なモザイクタイルが展示されています。吹き抜けから差し込む光が美しい最上階には、モザイクタイルでできたアート作品が展示されています。ひんやりと冷たいイメージがあるタイルですが、こうしてみると質感が温かく、懐かしい美しさがあります。

タイルでできたアートは懐かしい美しさ

吹き抜けからの光でキラキラ輝くタイルのアート

入り口にはタイルで彩られた自動車(!)

3階には、タイルの製造工程と歴史の展示室があります。日本のタイル産業の歴史に思いをはせてみるのはいかがでしょうか。太平洋戦争中は非国民品とされていたタイルは、戦後の復興とともに、多治見市笠原町の重要産業となっていきました。このフロアには、笠原町のモザイクタイル製造の先駆者、山内逸三さんと記念撮影ができるパネルもありますよ。

タイル産業の先駆者山内逸三さん

最後は体験工房でお土産づくり!

ミュージアム1階の体験工房では、モザイクタイルを使った工作を楽しむことができます。体験工房には、様々な色、形のモザイクタイルがずらりと並びます。自分だけのオリジナルグッズが作れちゃいますよ!(体験料500円~)

選ぶ時間が楽しいですね

どんな配置にしようかな?

できあがり!

自分で作ったグッズは、旅の思い出が詰まったお土産になりますね!
館内のミュージアムショップには、モザイクタイルの詰め放題や、モザイクタイルを使用したアクセサリーも販売されています。ついついお土産を買いすぎてしまいそうですね。

モザイクタイルの詰め放題

モザイクタイルでできたピアス。かわいい!

女性同士の来館者が目立ちましたが、家族やカップルで尋ねても楽しめるはず。身の回りに当たり前にあるモザイクタイルの魅力が再発見できる「モザイクタイルミュージアム」、皆様もぜひ立ち寄ってみてください。

モザイクタイルミュージアムの入館料はベネ・ステを使えばお得になります

<モザイクタイルミュージアム>
岐阜県多治見市笠原町2082-5
開館時間:9時~17時(入館は閉館の30分前まで)
休館日:月曜日

お昼にはB級グルメ「たじみ焼きそば」がおすすめ

せっかくの旅行、お昼は地元のB級グルメを食べましょう!多治見名物といえば、「たじみ焼きそば」。ここ数年で一気に知名度が上がった多治見のB級グルメです。お邪魔したのはここ、中華天国さん。モザイクタイルミュージアムから車で20分ほどのところにあります。

こじんまりした店内は地元の人たちでにぎわっていました

注文した「たじみ焼きそば」

ピリ辛で濃厚な味ともちもちした麺がおいしい!しっかりとした味付けは、ごはんやビールとも相性がよさそうです。病みつきになる人も多いことでしょう。たじみ焼きそばの定義は、「①ピリ辛味噌を使用した焼きそば ②半熟たまごがのって、味噌と絡めて頂けること」。このルールを守りながらも、その味はお店によってさまざまにアレンジされているとか。おなかに余裕がある方は、焼きそば巡りをしてみても楽しいかもしれません!(笑)

<中華天国 前畑店>
岐阜県多治見市前畑町4-85
営業時間:11:30~21:00
休業日:毎週水曜日(臨時休業あり)

宿泊にはここがおすすめ!

昼間観光を満喫した後は、温泉につかってほっと一息するのはいかがでしょうか?周辺のおすすめ温泉宿を紹介します!

少し足を延ばして下呂温泉へ!『水明館』

言わずと知れた下呂温泉の老舗旅館。趣の異なる3カ所の大浴場があり、効能豊かな下呂温泉のお湯を存分に楽しむことができます。

<水明館>
岐阜県 下呂市幸田1268
・電車の場合
JR高山本線 下呂駅 徒歩 約 3分
・自動車の場合
中央自動車道 中津川ICより 国道257号線経由 約 60分
東海環状自動車道 富加関ICより 県道58号・国道41号経由 約 60分

森の中の隠れ家宿で癒される!『了山』

モザイクタイルミュージアムから車で30分ほどの場所にある、鬼岩温泉「了山」。森に囲まれた隠れ家風の宿で、都会の喧騒を離れた癒しの時間を過ごすことができます。

<了山>
岐阜県 可児郡御嵩町次月3420-7
・電車の場合
JR中央線 土岐駅 タクシー 約 15分
・自動車の場合
中央自動車道 土岐ICより 約 15分

岐阜県にはまだまだ魅力がたくさん!

岐阜県には、まだまだおすすめの観光スポットがたくさんあります。この春の旅行の目的地を考え中の皆さま、ぜひ、岐阜観光に足を延ばしてみてください!
まだまだ岐阜の魅力を知りたい方は、こちらの特集もおすすめです★