incentive point

プロセス評価の実現により
従業員のモチベーションアップを実感!

管理本部 人事総務部 採用研修課 砂渡 大詞 様
営業本部 営業企画部 営業管理課 押川 毅彦 様

株式会社タカキュー様事例

『インセンティブ・ポイント』の良さは
「タイムリーさ」にあると思っています。

導入以前は、半年~1年程度で辞めてしまうメイト(※パート・アルバイト)さんが多く、定着率の低さを課題視していました。やはり採用には労力がかかるので、どれだけ長く働いてもらえるかが重要になってくるんですよね。そのため、メイトさんが楽しみながら長く働きたいと思える環境作りが必要だと考え、『インセンティブ・ポイント』を活用することに決めました。

『インセンティブ・ポイント』の良さは、「タイムリーさ」にあると思っています。今までメイトさんに対しては実施できていなかった、行動評価やプロセス評価が『インセンティブ・ポイント』を活用することにより、細かくタイムリーに実施できるようになりました。実際に、自身の行動やプロセスに対しての評価が、タイムリーにポイントというかたちになって返ってくることが、メイトさんのモチベーションアップに繋がる一つの要因になっていると実感していますね。

case07-img01

頑張りの可視化が、モチベーションアップの
きっかけになっていると感じています。

お客様からのお褒めの言葉は日々メールでお客様センターに届くのですが、このお褒めの言葉に対してのポイント付与も実施しています。社内報で、誰にどのような内容のお褒めの言葉があって、それにより何ポイント付与されたのかを、対象メイトさんの写真付きで掲載しているんです。

頑張りが可視化されるので、本人のモチベーションアップに繋がるきっかけになっていると思いますし、他の人の行動や頑張りを見ることで、「私も頑張ろう!」という行動動機にも繋がるため、そういった点でこの取り組みはたくさんの良い効果を生んでいると感じています。

また、デベロッパー主催の接客コンテストや、ロープレ大会への参加など、スキルアップのために頑張っている人へのポイント付与も実施しています。 参加数や参加後の報告数などが、導入前よりもかなり増えてきているので、これもポイント付与による効果だと感じています。ポイントを貰えることが、頑張るための一つの動機となっている証拠ですよね。

ポイント付与基準の1例
お客様からのお褒め お客様からのお褒めの言葉を貰った従業員へ付与
メイト 勤続 勤続に応じてポイント付与
デベロッパー ロープレコンテスト入賞 デベロッパーのロープレコンテスト入賞者に付与
提携カード新規入会 提携カード新規入会に対し付与
スタイルコーディネート販売 コーディネート販売に対して付与

どの部分を評価しているのかを、
細かく記載して付与するようにしています。

ポイントを付与する際は、どういう理由で付与しているのか、どの部分を評価しているのかという詳細内容を、細かく記載して付与するようにしています。数字で出てくる成果だけではなく、日々の行動やプロセスも会社がきちんと見ているということを理解してもらうことが狙いです。こういった想いが伝わり、更にそれがポイントというかたちになるということが、メイトさんのモチベーションアップに繋がる重要な要素になっていると思うんですよね。

まだ導入半年なので正式な数値は出ていないのですが、過去は入社と退社のメイト数が同じくらいだったのが、最近は入社数の方が上回っているので、『インセンティブ・ポイント』活用の成果が着実に出てきていると実感しています。 これからは、もっとこの制度の認知度を高め、利用率を上げていくことで、楽しみながら働ける環境や、高いモチベーションを維持した状態で働ける環境作りを強化していきたいと思っています。それにより、結果的に更なる定着率アップという成果に繋がればいいなと思いますね。

case07-img02
株式会社タカキュー様

ファッション専門店をコアとした、ライフスタイル提案
ビジネススーツからカジュアルウェアまで、メンズ・レディースを取り揃える
パート・アルバイト約1,000人を対象にインセンティブ・ポイントを導入

活用事例

その他にも、インセンティブ・ポイントの活用実績をご紹介しています。
お客様の声や、様々な効果事例をご覧ください。