incentive point

離職率30%改善!
ほめる環境づくりでサービス向上

介護事業本部 保育事業部 部長 家城 悦子 様

株式会社ソラスト様事例

現場から届いた1枚のアイディアメモが
インセンティブ・ポイント導入のきっかけでした。

当社は、すべての人々を元気にしたいという想いのもと、 医療事務、介護、保育3つの事業に取り組んでいますが、 どの事業にも共通して人手不足といった課題がありました。 保育事業では、待機児童の解消のために保育園がどんどんできる一方で、 運営に必要不可欠な保育士の確保が大きな課題でした。 人手不足の煽りをもろに受けた現場は疲弊し、離職率も高くなっていました。
その課題を解決するために、当社では「働きやすさNo1の会社にしよう」という目標を掲げ、 様々な取り組みを行っていて、その中に「アイディアメモ」という制度があります。 現場で働くスタッフから「こんなことをしたらいいのでは?」 といった業務改善提案を募って実現していくというものです。
ある保育園の園長先生から「良い働きをしてくれたスタッフに対して、ただ労いの言葉だけでなく、 何かポイントのようなものを付与してモチベーションにつなげられたらいいな」 という提案があったことが、インセンティブ・ポイント導入のきっかけとなりました。

ただポイントを付与するだけでなく、
ほめる言葉を添えて、みんなの前で表彰しています。

当社ではインセンティブ・ポイントを「ソラストポイント」と名付けています。 本部から各園の園長先生に月1回ポイントを付与、 園長先生はその月に活躍したスタッフに対してサンクスポイントを分配するという仕組みを構築しています。 ただポイントが付与されるだけでなく、最も身近な存在である園長先生から 「こういう良いところがあったよ、ありがとう」というメッセージが添えられ、 それがポイントというカタチになって貯まっていくという点が、 スタッフのモチベーションにつながっているという声をきいています。

実際に現場では、「行事の企画・運営をしてくれた」 「誰も見ていない寒い冬の朝に早く来て掃除してくれていた」 「環境整備のために工夫して飾りつけをしていた」など、小さいことでも、 頑張っている、努力している人に対してサンクスポイントを配布しています。 ポイントがもらえるだけでも嬉しいことですが、表彰式という機会を設けることにより、 みんなの前でほめられ、 頑張りが認められるということがさらなるスタッフのやりがいにつながっています。

ポイント付与基準の例
アイディアメモ提出 アイディアメモを提出した方に
ヒヤリハット提出 ヒアリハットを提出した方に
インセンティブ 業績を達成した園スタッフ全員に
サンクスポイント 日頃の感謝を込めて、園ごとにプレゼント

離職率が10%以下まで低減、
ほめる環境づくりがサービス向上にもつながっています。

スタッフのモチベーションが高まったことで、保育園、組織全体が活性化したという声をきいています。 導入前は40%近い離職率に非常に苦しんでいましたが、インセンティブ・ポイントを導入してからは、 2年連続で離職率が10%を切るという成果が出ています。
導入前は保育園によって定着率にもバラツキがあったのですが、 園長先生がスタッフの良い行動を見つけてほめるという習慣ができたことで、 どの保育園も平均的に定着率が上がってきています。
また、毎年保護者からアンケートをとって満足度調査をしているのですが、 その結果も年々上がってきているんです。スタッフがやりがいをもって働ける環境づくりが、 サービス向上にもつながっていると感じています。

25,000人の社員に愛される制度に育てていきたいです。

介護、保育事業からはじまったインセンティブ・ポイントですが、 今では医療事務まで広がっています。ソラストポイントをさらに浸透させることで、 現場で働くスタッフのモチベーションが高まり、 さらにサービスの質の向上と生産性の改善に寄与することで、 最終的に業績の向上につながることを期待しています。 もっとソラストポイントのファンを増やし、 約25,000人の全社員に愛される制度に育てていきたいです。


case14-img01
株式会社ソラスト様

医療事務、介護、保育の分野でサービスを提供
約25,000名の従業員を対象に
インセンティブ・ポイントを導入

活用事例

その他にも、インセンティブ・ポイントの活用実績をご紹介しています。
お客様の声や、様々な効果事例をご覧ください。