HOMEに戻る

カテゴリー

  • ご利用案内

プライバシーマーク

■全身入浴剤■ 炭酸泉タブレット・ブルー 50g×10錠(ゆうメール配送)

カフェ自動決済できます ベネポが使えます

重炭酸イオンが効く!医師が監修したスリーアップの炭酸泉タブレット
ご自宅で健康に、美容に効果的なセラピースパが楽しめます。
パッケージカラー:ブルー
お中元やお歳暮、記念品、プレゼント、その他各種お祝い等のご贈答品にご活用ください♪

※一回のオーダーで10錠まで、ゆうメール便の配送のみとなります※


医師監修の元、特殊な技術により、クエン酸と重曹をタブレット状に固形化した入浴剤です。

この入浴剤は療養泉ともされる高濃度の炭酸ガスと同時に重炭酸イオン(HCO3-)を発生させるため、重炭酸イオンと炭酸ガスの効用を同時に体感できます。

(1,000ppmを超える高濃度の炭酸泉は、医学的に治療効果のある温泉=「療養泉」とされています。)

■重炭酸イオンの効用■

【整腸作用】
腸内細菌には、有害物質や病原菌を無害化し、腸内でビタミンを合成するなど、健康維持に欠かせない役目を果たしているものもあります。
腸内細菌のバランスを整え、腸管の免疫細胞と協力して人体の健康が保つよう、腸内のPH環境を整えていきます。

【スキンケア作用】
素肌づくりにも大いに役立ちます。お風呂の湯に溶け込んだ重炭酸イオンは、表皮を通してゆっくりと吸収され、皮膚の深い部分である真皮の毛細血管から血中に入っていきます。吸収された重炭酸イオンは、全身の細胞が活発に働くための最適な体内バランスを整えると考えられます。

【クレンジング作用】
重曹はお湯の中でナトリウムと重炭酸イオンに分かれ、ナトリウムは皮膚の表面に残りますが、これがクエン酸と反応すると「クエン酸ソーダ」という物質に変化します。クエン酸ソーダは、弱アルカリ性石けん成分であり、表皮を柔らかくし、古い角質層を優しく洗い流してくれます。これにより、お湯に溶け込んだ重炭酸イオンや炭酸ガスが、より吸収されやすくなる、というメリットがあります。

■炭酸ガスの効用■

・血管を拡張して血流を促進する。
・脈拍や血圧を下げる。
・疲労回復を促す。

■使用方法■

【全身浴】
ぬるめの湯(38℃~40℃)に炭酸泉タブレット1錠(50g)を入れてください。すぐに炭酸水素イオン(HCO ‐)が発生。手を入れてみると、細かい泡が皮膚に付着し、皮膚から組織へ直接、重炭酸イオンが吸収されます。10~15分ほどかけてゆっくり入ります。

※一般家庭の浴槽は、150~200Lが一般的で、その容量に対し炭酸泉タブレットは、45g~60gが適量となります。

【洗顔】
朝夕の洗顔の際、炭酸泉タブレット5gを1錠、ぬるめのお湯に溶かしてお楽しみください。

【洗髪】
シャンプー後、ぬるめのお湯を張った洗面器に炭酸泉タブレット5gを3~4錠を入れ、髪全体に行き渡らせ浸透させること約10~15分。洗い流さずに乾かすだけ、リンス、トリートメント要らずのヘアケアで、美髪効果が楽しめます。

【足湯】
ぬるめの湯(38℃~40℃)に炭酸泉タブレット50gを1錠(高濃度)、もしくは5gを3~5錠入れてお楽しみください。(簡易な、少し大きめのゴムバケツで充分お楽しみいただけます)

■適応例■

アンチエイジング、美肌・美顔・美髪、ヘッドスパ、ヘッドマッサージ、静脈瘤(じょうみゃくりゅう)予防・ケア、リンパ浮腫(りんぱふしゅ)予防・ケア、冷え・浮腫み対策、認知症予防、ペットケア

■商品概要■

販売名:カルボ泉I
成分:炭酸水素Na、硫酸Na、クエン酸、硫酸Mg、マクロゴール、CMC-Na、ケイ酸Ca、酸化Mg
内容量:50g×10錠

使用上の注意
・皮膚または体質的に異常がある場合は医師にご相談の上ご使用下さい。
・使用中や使用後、皮膚に発疹、発赤、痒み等の異常が現れた場合使用を中止し、医師にご相談下さい。
・目に入った時はすぐに洗い流して下さい。
・本品は食べられません。
・本品と他の入浴剤等の併用はお避け下さい。
・入浴、洗髪以外の用途には使用しないで下さい。
・小児の手の届くところや直射日光の当たる場所、高温、多湿の場所には置かないで下さい。
・開封後は、すぐにお使い下さい。
・全自動給湯器・24時間風呂の場合、機種によってはご使用になれない場合があります。お使いの機種の説明書を確認の上ご使用ください。
・浴槽に成分が付着する場合がありますので、残り湯を長く放置しないで下さい。
・ご使用後は床・浴槽をすぐに洗って下さい


会員価格

1,257円
(本体価格:1,143円)

送 料: 無 料
送料について

希望小売価格: 1,760円

割引率: 10%

個  数
限定数量
444

カートに入れる

この商品に対するクチコミ

このページのTOPへ